2020/07/10

ヘイ!雄町 『激しい雨の中,雄町は育つ』

雨が続きます。
ほどよく降ってほしいのですが,
最近の自然は厳しすぎます。

強い雨の中,
健気に雄町は育っています。
20200710

背丈は30~35cm。

20200710_20200710152501

近くのヒノヒカリより明らかに高いです。


・・・すくすくと雄町は育ってほしいと思う反面,

昨今の洪水で各地の田んぼがつかっているのを
見て,心が痛みます。

やまない雨はない,
いつかはきっといい日が来る ,,,

|

2020/06/26

ヘイ!雄町  『順調に育っています』

青空!
 
220200626

水面から20cm。

順調に育っています。
20200626

久しぶりに見た,オタマジャクシ。

20200626_20200626170801

「田園」
やっぱ,いいすねー。。。

|

2020/06/15

ヘイ!雄町 『田植え完了!』

6月13日土曜日,
雨がちらほら降る中,
雄町の田植えが行われました。

Photo_20200615154001

毎年,御沓営農組合のオペレータの方が

田植え機を自在に操り,手際よく

植えていきます。

2_20200615154101 
ほぼほぼ田植え機での田植え。

残りのちょこっとだけ,
せっかくなので,手植えを少し
させていただきました。

いよいよ11月の収穫に向けて
雄町との日々が始まります。

ガンバ!オ・マ・チ!!

|

2020/06/12

ヘイ!雄町 『田植え前日』

嘘のように晴れ渡る,青空!

20200612

元気に育ってくれた苗を圃場へ
運びました。

Photo_20200612162001

いよいよです。。。

|

2020/06/09

ヘイ!雄町 ~圃場の今~

雄町の圃場に行ってきました。
20200609

晴れ渡る青空が水面にうつる,
風も心地よ~い感じの田んぼ。

20200609_20200609163801 
生産者の方ともお話することが
できました。

田植えにむけての準備は
着々と進んでいます。


|

2020/06/05

ヘイ!雄町  苗~パート2~

先週に引き続き,
雄町の苗の成長ぶりをチェック~。

2_20200605163401

20200605 
17cmくらいに成長。とっても緑緑して
強い生命力を感じました!

13日の田植えに向けて,順調です。



|

2020/05/29

雄町 『苗~』

雄町の「種まき」から1週間。
無事に芽が出ているのか,
確認に行きました。

120200529 

JAの方々に苗トレイを
出芽室から外の広場に
出していただいてました
(感謝)。

背丈は8~9cm。色艶よく,
見た感じ,順調のようです。

地元で酒米をつくる,
雄町をつくるということで
取り組んで早9年。

毎年この時期に苗を観察することは
感慨深いものがあります。

順調に育ってくれますように。。。


|

2020/05/25

雄町情報 『種まき』

前回の日記に書きましたが,
雄町の種まきについて,
写真で簡単にご説明します。
①黄色いトレイに土入れ
Photo_20200525154301

②種まき~
Photo_20200525154302

③赤いホッパーに雄町種子を入れ,
手動でぐるぐる回してトレイを移動,
その間,種が上から落ちてくる。
Photo_20200525154401

④その後,土をかけていく。

Photo_20200525154402

その後,出芽室へ移動。

田植えは6月中旬を予定しています。

|

2020/05/22

蔵人日記756 『雄町の種まき』

空気がさわやかです。
20200522

ハコネウツギが見頃です。。。


・・・準備が整った『雄町種子』。

今日は,宇佐市の種苗センターに種子を持ち込み,
種まきを行いました。

JAの方々のご協力を頂き,
黄色いトレイに蒔いていきます。

最初にトレイに土をまき(これは機械で),
その後,手動種まき機にトレイをのせて,
種を蒔きます。
その上から再び土(再び機械)をかけて
終了。

トレイの運搬,種まき時のトレイのセッティング,
人の手でぐるぐる回す種まきコンベア操作・・・
あっという間でしたが,
結構~腰にくる作業でした。


トレイ120枚分。
発芽室に入り,1週間後,
野外に出す流れとなります。

手伝ってくださった方々,
誠にありがとうございました。

無事に芽が出ますように。。。

|

2020/05/21

蔵人日記755 『粕漬けづくりの季節』

風が心地イイです。
20200521

この時期,ウリなどを酒粕に漬け,
粕漬けをつくる時期となります。

生産者に大事に育てて頂いた「お米」は
酒となり,酒粕となり,活かされていきます。

・・・もうすぐ田植えのシーズン。
生産者の方々の忙しい時期となります。

・・・酒粕の袋詰めをしながら,
物思う今日この頃です。。。



|

«蔵人日記754 『五月の風になびく花』